債務整理をすることは、借金の見直しをしているということになりますし、少しでも債務の負担を減らしたいと考えている状況ですよね。
毎月支払っている生命保険料も、借金の金額によっては決して負荷の少ない金額とはいえない場合もありますが、生命保険にまったく未加入だというのもまた不安です。
万が一のことはあまり考えたくはないですが、残される家族のことを考えると、生命保険のひとつくらいは残しておきたものです。


債務整理をした場合生命保険はどうなるのか



債務整理をすると、すべてを失ってしまうのではないか。という心配がありますが、生命保険と債務整理とはあまり直結していないようです。
債務整理を行ったからといって、基本的には生命保険会社から解約を迫られるということはないようですし、一部例外はあるにせよ必要以上に不安を感じる必要もないようですね。
契約している保険会社や加入している保険のタイプによっても、若干条件は変わってくるかもしれないので、保険会社の担当の方に確認を取ってみるのが一番手っ取り早いでしょう。

債務整理の種類によって変わってくる



一例を挙げてみますが、任意整理の場合はまず加入している生命保険には影響がないそうです。
保健には掛け捨てのタイプと積立タイプとがありますが、任意整理に関しては、どちらのタイプでも問題なく継続が可能だそうですね。
理由としては、債務者と債権が公的な機関を挟まずに、お互いの話し合いのみで解決するためだといわれています。
いうなれば、個人的な交渉でしかないので、保険会社とは全く関係ないということになるんですね。
他の債務整理の場合は、状況判断によるので、やはり保険会社に問い合わせてみるのがベストだと思います。

自己破産の場合は資産とみなされる場合も



ただし、例外として自己破産をする場合には、裁判所から生命保険の解約を指示されることもあります。
自宅や20万円以上の価値のある車などが資産として処分対象になりますが、生命保険に関しても、20万円以上の解約返戻金があるばあいは、資産とみなされて返還を求められるケースがほとんどです。

債務整理中でも債務整理後でも加入はできます



生命保険と債務整理とはあまり関係がないと書きましたが、実際、債務整理中でも生命保険の加入が可能であることも多く、債務整理後ならばなおさら何の問題もなく新規加入もできます。
借金があると、もしものことがあった場合の後々を考えてしまいがちですが、そういった意味では、生命保険を解約する必要がないというのは安心感にもつながりますね。