最近、過払い金請求。という言葉を耳にしますね。
CMなどでもさかんに、金利を払いすぎていませんか。と流れていますし、実際に自分が支払っている金利は正当なものなのだろうか。と不安になることもあるでしょう。

グレーゾーン金利というものが存在する



消費者金融などでお金を借りたときに、金利のパーセンテージはその金融会社によって少しずつ違いがありますね。
ちょっと金利が高いな。と思っても、便利さが先に立ってしまい利用頻度が高くなってしまったり、複数の消費者金融を利用していたり、気がつくと返済は金利分だけで手一杯。
元金はまったく返済できてないという方もいらっしゃるかもしれません。
金融会社ごとに異なっている金利ですが、実はかなり高く設定されている場合があるんです。
これを、グレーゾーン金利と呼びます。

正当な金利は利息制限法で定められています



正当な金利は、利息制限法という法律で定められていています。
10万円満ならば、20%まで。
11万円~100万円までの場合は、18%まで。
100万円以上だと。15%まで。と、いうのが正当な金利なのです。
ですが、実際にはこの金利を大きく超えて設定されている場合がありますね。
もし、金融会社を利用している方で、明細書がお手元にありましたら、確認をしてみてください。
上記の利息内に収まっているでしょうか。

罰則対象にならないグレーゾーン金利



法律で定められた正当な金利は、上記の通りなのですが、出資法の上限金利というものが存在していて、それを超えなければ罰則対象にはならないのです。
これがグレーゾーン金利と呼ばれるものなのですが、ギリギリの上限の29.2%です。
正当な金利と比較してみるとずいぶん差があることが解りますね。
この、グレーゾーン金利の部分を過払い金といい、払いすぎた金利として返還を求めることができるんです。

過払い金返還期限は10年間です



過払い金の返還は、借り入れから10年間が有効期限です。
つまり、2014年現在でも、2004年までの過払い金を遡って返還請求することができるということですね。
借金を完済している場合でも期限内であれば請求は可能ですし、現在進行形で返済をしている場合であれば、返還分の金額を借り入れの返済に充てることができます。
ただし、金融会社もグレーゾーン金利とは知っていても、あくまで罰則対象にはならない範囲だと主張してくることが懸念されますので、交渉には司法書士などのプロに同席を求めるのが心強いですね。
もし過払い金があるようならば、杉山事務所のメールなどで無料相談してみることもおススメですよ。